(有料)釣り場

 TOP   
あねがわじょうりゅう
姉 川 上 流 漁業協同組合                             釣り場一覧に戻る
漁場の位置
米原市地先(姉川筋)
                                                                       釣り情報

               足俣川



   



            







    漁協組合・足俣池事務所



            足俣養魚池



            足俣養魚池



 
      
姉川上流漁業協同組合(あゆ・にじます・あまご・いわな)

住所 米原市春照866-1
電話
FAX

HPアドレス
0749-58-1341


http://blog.goo.ne.jp/tsuritenanegawa
漁具・漁法 あゆ(友釣・投網・引掛)
にじます・あまご・いわな(竿釣)
 遊 漁 料 金
魚種  漁具
漁法 
 遊漁期間   区域  日 券   年券 
第1区分  第2区分 第3区分 第4区分 
あゆ  友釣  解禁日より
9月30日まで
 
- 解禁日
から
3日間 3,000円
その後
7日間 2,500円
 
その後
1ヶ月間
2,000円
 
その後
終了
まで

1.500円 
8.000円
引掛 左記漁具の
解禁日より
9月30日まで
 - なし  2.000円
投網 - なし 5.000円
にじます
あまご
 いわな 
 
 竿釣  左記漁具の
解禁日より
9月30日まで
第1漁区(姉川ダムから下流の区域)  期間中 2,000円  8.000円 
第1漁区の解禁日以降に組合の定めた日から9月30日まで  第2漁区(姉川ダムから上流の区域) 
<禁止区域>
区域①:オオナガ谷 甲津原スキー場駐車場真下本流から最終上流まで
区域②:黒谷甲賀橋左側谷より最終上流まで
漁法:竿釣(にじます、あまご、いわな漁業)
期間:周年。ただし、組合が公示した区域および期間を除く
交通 北陸自動車道・米原インター下車→国道21号線・関が原方面へ→醒ヶ井の駅(水の駅)を左手に見進む→信号・一色(三叉路)左折(角にコンビニ)→道なりに進む(途中:新幹線ガードをくぐりまだすすむ)→伊吹高校を過ぎ次の信号・野一色東(変形5さ路)交差点を奥伊吹方面へ(看板あり)→川沿いに進む(小泉ダムに姉川の看板有り)。
※詳しいお問い合わせは漁業協同組合へお願いします。 

(おとり販売所)
      大久保地区・白井商店(友鮎なし)AM8時~
       板並地区・むろや石油(友有り)AM7時半~
       足又池組合事務所・姉川上流組合連絡にて対応(下記どちらか連絡の取れる方) 
       室谷組合長 : 電話 0749-58-0063 携帯 090-3038-9619
      

●ダウンロード 

  姉川上流漁協
漁場案内MAP

(771KB)

 
※PDFの閲覧にはアドビシステムズ社が無料配布しているAdobeReaderが必要です。

●リンク 

  姉川上流漁協
ブログ
          

●釣り情報


~釣行記(KIMIHIKO)~H29.5.24更新

5/23(火)連日、晴天が続き東海圏内では真夏日の所もあり暑さが続く。久しぶりに仕事前に電撃釣行しました。出勤時間を考え、タイムリミットは730分まで。午前4時過ぎに第1漁区の大場所へ気温18度、水温15度、渇水気味でクリア。アマゴがたくさん至る所でライズしたり水面を食みまわってます。1時間ほど探り、2回バラし。上流の甲津原下流のポイントへ移動、道中、猿たちがたくさん出迎えてくれた、皆んな朝ご飯のようです。広域に各ポイントを探る、丹念に攻めて探り諦めかけたタイムリミット10分前の720分、アタリが出てヒットゴンゴンと銀鱗が水中でくねる「でかい」今回、タモを忘れてしまいバラしても不思議ではない状況、やりとりしながら魚を弱らせてから必至で素手でキャッチ「やった〜」でも魚が暴れまくりフックが指にガッチリ刺さり大変、魚のフックと指に刺さったフック、痛い〜先に指に刺さったフックをペンチで強引に抜きました。久しぶりのアマゴ独特のすごいファイト、スマートで魚体の綺麗な38センチ、久しぶりの大物に大感激、やりとりも最高の釣行となりました。5月に入り、小泉地区、曲谷地区で親子熊の目撃が数件ありました、釣行時は気をつけてください。

スマートで朝陽に照らされて綺麗なアマゴ38センチ





~釣行記(KIMIHIKO)~H29.4.28更新

4/27(木)、前線の影響で前日は雨が降った第2漁区を、早朝2時間ほど探りました。午前5時に温見公園付近に到着、気温7度、水温10度、雨の影響もほとんどなくクリア。各大場所を丹念に探り、5時20分にゴンと重量感のアタリが出てヒット、慎重にやり取りして無事にネットインしたのは斑点模様と魚体が美しいイワナ34センチ。その後、22センチのアマゴも追加して午前6時55分にロッドオフ、ヤマセミやカワセミが小魚を捕食し飛び回って、ピンク色の綺麗な山ツツジも顔を出し山肌も新緑に包まれてきました。第2漁区の追加放流は2日に予定されてます。

当日の釣果





~釣行記(KIMIHIKO)~H29.4.21更新

4/16(日)、前日は局地的に短時間に大雨が降り、今日は高気圧に覆われポカポカ陽気で暑いくらいの日になりました。田植え前の田おこしと畦草刈り作業して、少し時間できたので11時~13時まで少しの時間、第1漁区の上流域の大淵を探りました。姉川沿いは桜が満開、親子で渓流釣りをする姿もあります。先月28日にアマゴ31センチをゲットしているので期待大、丹念に広域に探りアマゴ19センチと21センチをゲットする。1250分にゴンと重いアタリが出てヒット、慎重にやり取りしてネットインしたのはイワナ独特の模様、魚体の綺麗な34センチのイワナ、13時にロッドオフ。水量多めでクリア、水温10度、気温も24度と汗ばむくらいの陽気の中での釣行となりました。 

当日の釣果






~釣行記(KIMIHIKO)~H29.4.11更新

4/8(土)、第2漁区の解禁に釣友の勝さんと釣行しました。前日に降った雨で本流は濁りひどく増水して皆んな早々に切り上げて帰ってしまう解禁日となりました。午前6時に勝さんと曲谷地内で待ち合わせ、小雨の中、気温16度、水温10度、第2漁区は濁りきつく増水してます。そんな中で第1漁区は増水してはいるものの良い感じ、第2漁区を諦め曲谷地内から下流を広域に2人で探りました、残雪はあるもののマンサクは咲き、フキノトウも顔を出して春の訪れを感じます釣行中に鹿の角もゲットすることができました。13時まで探り僕はイワナ26センチと25センチとアマゴ17センチをゲット、勝さんは広域に15時まで探りアマゴ35センチ、イワナ34センチ、虹鱒35と31センチ頭に9尾の釣果、流石、大物野郎です‼️厳しい第2漁区の幕開けとなりましたが降雨後でこのところの気温の上昇で渓魚もかなり活発になってきたように思いました。  

洗面橋付近、増水して濁りきつい    

朝靄の中、綺麗なマンサクの花    

釣行中に拾った鹿の角      

当日の釣果          

 

釣友の釣果。天然虹鱒31cm出ました。9匹の釣果
尺上4匹の第二幕開けでした。イワナは再度測ったら34cmでした。

 




~釣行記(KIMIHIKO)~H29.4.6更新

4/4(火)、各地とも晴れて春爛漫の陽気、夕まずめを狙って第1漁区を17時から約1時間ほど広域に探りアマゴ19、21センチ2尾の釣果。気温16度、水温7度、平水でクリア、気温は上がっても水温は相変わらずです、3回アタリがあり1尾はバラしましたが良型の渓魚でした。 

当日の釣果
   





~釣行記(KIMIHIKO)~H29.4.3更新

4/2(日)、高気圧に覆われ広く晴天、第1漁区を大久保地内から曲谷地内まで広域に探りました。午前6時の気温0度、水温6度、水量は雪代入り多め、奥伊吹に入り地面は霜が降りて冷え込む。上流域の大淵を丹念に探れる、1時間ほど探り、3回目のアタリが午前75分に出てヒット、やり取りして手中にしたのは23センチの綺麗なアマゴ。カワセミのさえずり、シカの鳴き声も渓流に響く。午前8時半にロッドオフ。雪解け水が入って水温も低くて渓魚の活性もまだ低い、またしても貧釣果の釣行となりました。待望の第2漁区が8日に解禁するので頑張りたいと思います。

まだまだ桜の開花は先

雪景色の伊吹山

当日の釣果、アマゴ23センチ              





~釣行記(KIMIHIKO)~H29.3.29更新

3/19(日) 姉川上流漁協 渓流釣り解禁
今年も釣行を楽しんでいらっしゃるkimihikoさんからの釣果情報をまとめて
ご紹介します!

3/28(火)

早朝3時間、再度、電撃釣行しました。午前5時に大久保地内の大場所を探るが全く反応無し、カワウが10羽くらい飛来して渓魚を捕食し始める。上流域へ移動して大淵を丹念に探る、650分、太陽の陽射しが入り始めた時にアタリが出てヒット、銀鱗が水中でくねる、慎重にやり取りしてネットインしたのは魚体がスリムで朱点がたくさん出ているめちゃ綺麗な天然アマゴ31解禁してから貧釣果が続く中、待望の尺上ゲットでき今までの苦労が報われた至福の時に、その後、天然アマゴ17㎝も追加して午前720分にロッドオフ。まだたくさんの残雪が渓流にはあるので注意してください。

スリムな魚体で朱点がたくさん出て綺麗なアマゴ31



3/25(土)

高気圧に覆われて晴天となった25日、姉川上流の第1漁区へ解禁の居残りと成魚放流された渓魚を狙って釣行しました。当日は成魚の追加放流がありました。午前5時の気温0度、水温6度、平水でクリア。3日前の雨で増水した出水も一気に平水に戻りましたが雪代入って水は冷たい。大久保~足俣合流点~曲谷地内と広域に13時まで探りアマゴ17㎝~21㎝を8尾ゲット、川には追加放流された渓魚がたくさん確認できたけど食い渋く相変わらず厳しい状況、そんな中、板並地内の板名古川との合流付近を探った成松さん(70)がヨシ原の際を探りヒレピンの綺麗な虹鱒35㎝をゲットしていました。今日も居残り、追加放流された魚信はイマイチの釣行となりました。    
                          
成松さんがゲットした虹鱒35
              

35㎝の虹鱒が出た合流付近のヨシ原  

当日の釣果  
午前10時過ぎから夕方まで探った寛さんは天然混じりで10尾の釣果でした。

板並地内を丹念に探る寛さん


3/21(火)
久しぶりの雨降り。増水を期待して渓魚の活性も高まっただろうと期待して22日、気温4度、水温6度、水量50㎝高。朝一、解禁日のリベンジするつもりで電撃釣行しましたが予想以上の増水で濁りもきつい中、広域に探って綺麗な天然アマゴ231尾をゲットすることができました。水量落ち着けば渓魚も活性高まり有望に思います。しかし、解禁前日に放流した、良型岩魚はどこへ行ってしまったのか不思議ですわ~




3/19(日)
姉川第1漁区の解禁に釣友の勝さんと釣行しました。姉川解禁に通うのは30年近くになるけど食い渋く、信じられない貧釣果となりました。大久保地内を攻めることに、待望の解禁を前に勝さんと車中でしばらく釣り談義。午前5時の気温0度、水温4度、水量は多め、雪代が入ってかなり水温が低い。2人で1時間ほど深みを探るが朝まずめも全く反応無し、嫌な予感~その後、2人で広域に上流の各ポイントを食い渋く厳しい状況、それでも綺麗なアマゴ19㎝、岩魚20~23を3尾をなんとかゲットして13時にロッドオフ。勝さんは15時まで探り執念でアマゴ2尾の釣果、スプーンのボトムバンピングで喰わせてゲットしたとのことで流石ですね~魚はいるのにすごい喰い渋りで厳しい釣果となりました。雪代入って水温が低く活性が極端に悪く厳しい解禁日となりました。

    
当日の釣果      待望の天然シラメがヒット、釣友と綺麗な魚体にしばらく               見惚れる





~釣行記(KIMIHIKO)~H28.10.5更新

9月22日、秋分の日に姉川上流、第二漁区へ今シーズンのラストチャンスの釣行しました。午前6時〜12時半まで甲津原地内を広域に探りました、台風の影響でかなり増水してると思いましたが少し水量が多いくらいで最高の条件、渓魚の活性も高くいろいろなポイントで渓魚の反応もありアマゴ、イワナの16センチ〜23センチを14尾の釣果、良型のバラし、おチビ、アマゴのリリースもたくさんありました。途中、いつも行き慣れた渓流に真新しい熊のひっかき傷があり熊も冬眠に向けてあら食いの時期のようでビビりました。来年の4月まで渓流釣りもお預けです。


アマゴが数尾出たポイント

真新しい熊のひっかき傷

当日の釣果






~釣行記(KIMIHIKO)~H28.9.13更新

9月10日、久しぶりに姉川へ釣行しました。ススキも顔を出し稲穂、蕎麦の花も満開。午前5時の気温16度、水温14度、平水で穏やかな晴天。早速、釣り仕度、第1漁区の大場所を探り朝マズメの僅かな時間に集中してアタリ、4回アタリ、40センチ近いアマゴがヒットしたがタモ入れ直前に痛恨のバラし泣けてき鱒〜。その後、甲津原地内を広域に探り岩魚28センチ頭に17匹の釣果。10時に納竿、おチビ岩魚、アマゴも10匹くらいリリースしました。久しぶりの雨後で活性も高く良型もたくさん出て満足な釣行となりました。渓魚も産卵期を控え活性も高い感じです、渓流釣りも今月いっぱいラストチャンスがあればまた頑張りたいです

稲穂と蕎麦の花が綺麗な甲津原

当日の釣果






~釣行記(KIMIHIKO)~H28.8.17更新


連日、酷暑が続く12日、第一漁区を午前中探った勝さん、28㌢綺麗な幅広
アマゴ頭にイワナ、鱒を含み8匹の釣果です。渇水して厳しい状況下で流石です!!


当日の勝さんの釣果



~釣行記(KIMIHIKO)~H28.7.28更新

海の日の18日、久しぶりに勝さんと第一漁区へ釣行しました。午前6時40分、広域に探っていた勝さんが水深のあるトロ瀬で凄いアタリが出てヒット、大格闘の末に無事にテイクインしたのは特大天然虹鱒55!!近年、姉川で出ない精悍な顔つきで凄い幅広で綺麗なビッグワンをゲットしました。偶然、僕も強烈なファイトとの特大虹鱒と勝さんのやり取りを目の当たりにしました。犬の散歩で来た地元の人も柴犬も超びっくりしてました。勝さん執念で獲った1尾に僕も大感動しました。勝さんもハンドメイドルアーでゲットして嬉しさ倍増です。僕は午前10時過ぎまで探って天然アマゴ28㌢頭に3匹の釣果。支流を15時過ぎまで探った勝さんは20㌢前後のイワナ16匹も追加し特大天然虹鱒55㌢頭に17匹の釣果でした。前日は局地的豪雨があり増水、渓流魚の活性もいつもより上がりチャンスも到来したようです。渓流釣りもこれから後半戦突入です、僕も気合い入れてチャンスをものにしたいと思います。

①勝さんと特大虹鱒55

②私の釣ったアマゴ28

③勝さんの当日の釣果、レギュラーサイズのイワナたちがシシャモに見えます





~釣行記(KIMIHIKO)~H28.7.22更新

(7/2)久しぶりに尺オーバーの渓魚2匹をゲットしました。午前5時に小泉の大場所へ気温21度、水温18度、クリア。1時間ほど探りましたが全く反応無し、曲谷地内の大場所へ移動、広域に探る、事前に虫除けスプレーはしてあるがちょっとじっとしていると顔の前にブヨが飛来する。午前7時頃にアタリが出てヒット、巻き寄せ途中でジャンプされながらも無事にキャッチしたのは31㌢のニジマス。その後しばらく探り午前7時45分、「ゴン」と重量感のあるアタリが出てヒット、水中で銀鱗がくねる!!大アマゴだ!!巻き寄せて慎重にやり取り開始、途中でラインを体に巻きつけて暴れまわる潜り込まれたりを交わし無事にテイクインしたのは婚姻色が出て幅広で綺麗な魚体のアマゴ35.5550㌘。その後もしばらく探り良型がヒットしたがバラし、一日探ろうと気合い入れて行きましたが十分満足したので午前8時15分ロッドオフ。今シーズン久しぶりの大アマゴ、強烈なファイトも体感でき最高の釣行となりました。大アマゴは取り込んだ時に口からかなり大きいドジョウかウナギの稚魚を吐き出しびっくりしました。

①幅広で綺麗な魚体に婚姻色が出ているアマゴ

②当日の釣果

③口から吐き出したドジョウ?ウナギの稚魚?


(6/28)朝イチ3時間ほど曲谷地内を探って綺麗な天然アマゴ25㌢頭に3匹の釣果でした。午前6時半に曲谷地内の大渕へ、小雨の降るなか気温17度、水温18度、水量は三日前とほとんど変わらずです。しばらく探って19㌢の天然アマゴをゲット、ビューティースポット、パーマークが綺麗です。その後も天然アマゴ22㌢を追加、9時10分にアタリが出てヒット、水中で良型の銀鱗がギラリ、しばらくやり取りして魚体が幅広で朱点が綺麗な天然アマゴ25㌢をゲット。午前9時半にロッドオフ、今回は天然アマゴばかり3匹の釣果、連日の降雨で渓魚は活性上がって好反応でした。なんとか3匹キープでき久しぶりに夕飯に孫たちに天然アマゴの塩焼きを食べてもらいました。

パーマークの綺麗なアマゴ19

朱点が多く綺麗なアマゴ25

当日の釣果

(6/26)梅雨前線の影響で連日、雨降ったり晴れ間が出たりの天気。アジサイも朝露をかぶり綺麗。朝方まで小雨が降った奥伊吹、6月26日釣行しました。午前5時、どんよりとした曇り空、気温17度、水温18度、水量多めで少し濁りあり。小泉地内を1時間ほど探るが反応無し、その後、曲谷地内へ移動し各ポイントを探る。道中、キツネの親子に遭遇、河原にはヤマセミ、カワセミ、渓流の歌姫のミソサザイが活発に飛び回ってます。大場所のポイントをしばらく探って午前6時50分にゴンと重いアタリが出てヒット、水中で魚体がくねる!!慎重に巻き寄せ無事、ネットにテイクイン。綺麗な魚体をしたイワナの34㌢、フックはがっちり掛かってました、今シーズン待望の尺上ゲットでき思わず「やった~」と声がでる。しばらく見惚れる、険しい渓流探り、熊の恐怖に脅えながらの釣行で苦労が報われる至福の一時となった。その後、しばらく探って2回アタリが出たがヒットせず午前7時50分にロッドオフ。釣果は1匹ですが十分満足できた釣行となりました。

全国各地で熊の出没、姉川上流の板並、小泉地内でも親子熊などの目撃が3件、最近ありました、気をつけてください!!

姉川沿いの綺麗なアジサイ

 

綺麗な魚体の天然イワナ34㌢、当日の貴重な1匹の釣果






~釣行記(KIMIHIKO)~H28.6.20更新

日中は強い日差しが降りそそぎ真夏日となった18日、久しぶりに釣友の勝さんと釣行しました。午前4時に第1漁区の大場所で待ち合わせ、気温14度、水温18度、平水でクリア。一昨日の雨はお湿り程度といった感じ。薄明かるくなり始めた4時10分にアタリが出てヒット、潜り込みを交わし慎重にネットインしたのはすごい幅広天然アマゴ28㌢。その後もアタリが出たけどヒットせず、少し離れたポイントでフライで探ってる勝さんは同じ時間帯に大物のバラし。その後、曲谷地区へ移動しアマゴ21㌢をゲット、広域に探った勝さんは天然アマゴ4匹と鱒1匹をゲット。勝さんは用事あり10時すぎにロッドオフ。その後、甲津原地区を探り鱒26㌢、イワナ19㌢、17㌢をゲット、12時半にロッドオフ。大物の痛恨のバラしもあり、やはり雨降った後は活性は高まってました。道中で親子の鹿、猿の集団、ポイントへの行き帰りマムシ、ヤマセミ、綺麗な鷹のサシバなど野生生物に歓迎されたり久しぶりに勝さんと探り歩いて楽しい釣行となりました。勝さんからハンドメイドのホログラムとアワビシート使ったリアル系スプーンやドライフライ、エルクヘアーカディス、モンカゲロウパラシュート、アシストフックも手作りの貴重な品々をいただき嬉しさ倍増の休日となりました。勝さんのハンドメイド極みで凄すぎ鱒

①綺麗な幅広天然アマゴ28

②勝さんの釣った色鮮やかなアマゴ

③当日の釣果

④勝さんのハンドメイドルアーと毛鉤





~釣行記(KIMIHIKO)~H28.5.30更新

気圧の谷が通過する影響でどんよりした曇り空となった28日、甲津原地内へ釣行しました。午前5時の気温16度、水温15度、平水でクリア。各ポイントを探る、連日、釣人が攻め、渓流魚もかなりスレてます。竿抜けポイントを探しながら探り続ける、初夏になり渓流にはクモの巣、無数のブヨなどが行くてを阻む。下流域で尺級の綺麗な虹鱒をバラし、釣行時、渓流の石の上にガマカエルやカジカカエルが日光浴、水を飲みに来たシルバーグレーのまだ若そうな日本猿にも遭遇しました。13時半まで各ポイントを時間をかけて丹念に探りイワナの17㌢~25㌢を12匹の釣果でした。まとまった降雨後は活性も上がり期待できると思います。車での帰り道に熊が道路を横断するのを目撃しました、甲津原地区は熊の出没地帯なので注意してください!!

①石の上で日光浴し休むガマカエル

②落ち込み、瀬など無数に点在する渓流

③熊の出没地帯の注意看板

④当日の釣果





~釣行記(KIMIHIKO)~H28.5.23更新

連日、晴天続きで日差しも強さを増し日中は汗ばむくらいの初夏の陽気となった21日、曲谷地内と甲津原地内に釣行しました。午前5時の気温13度、水温19度、平水でクリア。朝イチ、曲谷地内を探って大物のバラし、山野の草木も色濃くなり深緑の中で藤の花が一際、綺麗です。その後、甲津原地内へ、大淵を探って2投目で天然化した綺麗な虹鱒26㌢がヒット、大小の魚影がルアーに絡むように追って来る、アマゴ3匹、イワナ1匹、虹鱒1匹を追加。釣った魚をストリンガーに繋げて川に置いてしばらく探ってるとなんか獣の気配、トンビが生けた魚を持ち去ろうとする寸前でした!!その後探って、またしても大物をヒットさせながら痛恨のバラし、上流でイワナを1匹追加して14時にロッドオフし7匹の釣果でした。今回は支流の谷も探りましたが不発、かなり険しい渓を探り歩きハードな運動量をこなし、清涼感を味わった釣行となりました。 

綺麗な藤の花

当日の釣果




~釣行記(KIMIHIKO)~H28.5.9更新

GW終盤の7日、甲津原地内に釣行しました。前日から雨、朝方まで降りましたが今回は少なめ、午前5時半の気温13度、水温11度、ほぼ平水。朝露の中、道路にアナグマや鹿が徘徊し渓流にはヤマセミが飛来し鶯のさえずり。各ポイントを探り良型アマゴを3匹連続バラしました(~_~;)その後、上流域を探り綺麗な幅広の天然イワナ27㌢と22㌢をゲットできました。午前10時にロッドオフ。思いがけないポイントで良型をゲットでき満足の釣行になりました。

綺麗な幅広の天然イワナ27

当日の釣果






~釣行記(KIMIHIKO)~H28.5.2更新

キャンプ、山菜とりなどたくさんの人たちが奥伊吹に来ていてGW始めの日曜日、1日、甲津原地内へ釣行しました。静寂な渓流に瑠璃色の綺麗なカワセミが小魚を捕食、朝の始まりのよう~午前5時の気温6度、水温12度、平水。早速、大場所を探るが反応無し、いろんなポイント、支流も探りまわりました。15時半まで頑張って探ってアマゴ、イワナ、鱒の18~23㌢を6匹の釣果でした。移動中に携帯電話を落とすアクシデントもあり探しました。昨年、支流の大場所で見た大アマゴ、大イワナが数匹、健在でしたが全く反応無しでした~連休で連日、渓魚は攻め立てられかなりスレてますが降雨後は活性も上がり狙える感じがしました。

当日の釣果



5/30(土) 第二漁区 甲津原地内 午前中の釣果(勝さん)
天然アマゴ25cmを頭に13尾の釣果





~釣行記(KIMIHIKO)~H28.4.25更新

低気圧の影響で未明まで雨降りとなった22日、第2漁区の甲津原地内へ釣行しました。天気も回復し晴れ始め、午前5時半の気温13度、水温12度、水量多めで濁り少しあり。早速、堰堤、瀬、落ち込みなどを探る、岩魚、アマゴが釣れてくる。かなり雨降り後で活性が高い!!上流域の堰堤では天然岩魚の良型が連続ヒット!川底が白く水が綺麗なので岩魚がチェイスしてくる様子を目の当たりにしてやり取り、岩魚の水中でルアーに反応してアタックしてヒットするので最高!の手応えです。その後、10時過ぎに漁協の追加放流が各所で行われた。久しぶりに追加放流の場を目の当たりにしました。アマゴ、岩魚、鱒を放流され各ポイントを丹念に探るが食い渋りめちゃくちゃ手強い、それでもアマゴ162318匹、岩魚18㌢~2511匹、ニジマス2630㌢を7匹、36匹の釣果でした。天然雑じりで渓魚とのやり取りもおもしろく十分楽しめた釣行となりました。今回は120㌔の追加放流が実施されました!!GWに向けてしばらく楽しめると思います!


放流作業をしている漁協の人達

きれいな天然イワナ25cm

当日の釣果





~釣行記(KIMIHIKO)~H28.4.18更新

新緑で山野は若葉も繁り鶯のさえずり早春の気配、穏やかな晴天となった16日、第二漁区甲津原地内へ釣行しました。午前5時の気温5度、水温13度、平水。淵、トロ場、瀬などを探って行く。前日に成魚放流もあり釣人も散在、甲津原の喫茶お土産店、麻心がある洗面橋付近を探った釣人は20~30匹の釣果。私は午前9時50分まで探ってアマゴ、イワナ18~23㌢を11匹の釣果でした。帰り道、民宿村出前の堰堤上のプールには居残りアマゴが多数、回遊してました。各ポイント、渓魚居残ってますがかなりスレてる感じですがまとまった雨降り後は活性も高まり有望に思います!!

多数の居残りアマゴが確認できたポイント

当日の釣果





~釣行記(KIMIHIKO)~H28.4.13更新

私は今シーズンの初釣りに9日、姉川第二漁区の解禁に釣友の勝さんと釣行しました。午前5時に勝さんと甲津原地内で待ち合わせ、しばらく夜明けまで釣り談義。気温16度、水温10度で今年の姉川は暖冬で雪も少なく木曜日の大雨の影響もほとんどなく渇水気味、早速、ふたりで大場所を探り始める。しばらくして待望の天然アマゴ20㌢がヒット、穏やかな晴天、最高のロケーションの中で釣れた1匹に見惚れる。その後も勝さんと広域に各ポイントを探り、6時半に銀鱗眩しい精悍なスタイルの天然アマゴ28㌢をゲットできました!!途中、日本カモシカが僕たちを物珍しくずっと眺めて出迎えてくれました~私は1150分まで探ってアマゴ1828㌢を8匹、イワナ20㌢を4匹の釣果。勝さんはイワナ27㌢頭に18匹の釣果でした。イワナ尺オーバーのバラしもあったということです。久しぶりの渓流釣りでその後、足腰が筋肉痛になりましたが楽しい釣行となりました。追加放流は15日、225月2日にするようです。

スリムな魚体の綺麗なアマゴ28cm

当日の釣果

勝さんの当日の釣果





~釣行記(KIMIHIKO)~H28.3.22更新

3/21、釣友の勝さん今シーズン初釣行で16匹の釣果!天然アマゴ1匹、放アマゴ5匹、天然イワナ3匹、放流イワナ7匹の釣果でした。今年の第一漁区はほとんど雪はないとの事です。


当日の釣果

/19 渓流釣り解禁しました。
解禁日は、前日の大雨で午前中は赤濁りの悪条件下、風吉さんが15時まで探り8匹ゲットした模様です!




             これより下は平成27年度分



~釣行記(KIMIHIKO)~H27.9.14更新
朝晩は涼しくなり、ススキも茂りだしトンボも飛び回りすっかり秋到来、渓流釣りも禁漁まであと少し。台風18号で姉川もかなり増水、水量も落ち着きだした
13日久しぶりに釣行。午前6時、小泉地区の大場所に到着。気温19度、水温17度、水量は多めだがクリア。ルアーで探り始め、尺オーバーアマゴ2匹痛恨のバラし。その後曲谷地区の大場所へ、1投目で28cmのイワナをGET!、
その後アマゴ1匹追加して支流を11時半まで探り、イワナ15匹釣りました。
釣行時かなり上流の開けた大淵の近くの大木に熊の爪痕がいくつもありました。私の背より高い位置に爪痕がありビビりました。かなりでかい熊だと思われます?!慌てて渓流の帰路、滝つぼに頭から滑り落ち危なかったです。アクシデントもありましたが満足の釣果となりました。反面なかなか絶好の条件に尺アマゴをヒットさせながらGETできず悔いの残る釣行となりました。


曲谷で1投目でヒットして来た良型イワナ28cm

支流の大木にあった熊の爪痕

当日の釣果





~釣行記(KIMIHIKO)~H27.8.19更新
8/17(月)かなりまとまった雨が降った。19日(水)6時前の気温20度、水温17度、水量多めでクリア。6時~12時まで曲谷から甲津原地内を探って尺ニジマス、アマゴ、イワナを11匹GETしました。大淵で尺オーバーのアマゴを取り込み寸前に痛恨のバラし、タモがなく強引に寄せてハリが外れました!淵でも活発にアタリがあり、活性はかなり高かったです。久しぶりに尺ニジマス、良型アマゴのファイトを体感でき、また雨後の良い条件に恵まれ満足な釣行となりました。

  
良型アマゴが出て、尺オーバーをバラしたポイント



当日の釣果






~釣行記(KIMIHIKO)~H27.8.17更新
8/15に朝、4時間小泉から甲津原の広範囲を探った勝さん、28cmニジマス頭にアマゴを含み3匹の釣果!

当日の釣果





~釣行記(KIMIHIKO)~H27.8.4更新
全国で35度以上の猛暑日となり多治見で39.9度を記録した1日、知人を渓流釣りに釣れていきました。全く渓流釣り初体験でデビュー戦ということで、アドバイザーに徹しました。午前6時に曲谷地区に到着、数日前に雷雨があり水量多めでクリア、気温20度、水温17度。朝方は涼しげで清涼感タップリ。仕掛けの作り方、餌つけ、竿の使い方、飲み込んだ針の外し方を実感してもらい、支流の上級コースのイワナ釣りに挑戦してもらいました。午前11時まで探ってイワナの18~23cmを3匹GETすることができました。かなりの険しい渓をいきなり釣り探ったのでビックリし足も疲れたようですが、本人は大喜びで満足の釣行となりました。

頑張って釣り探って待望のイワナの18cmをGET!





~釣行記(KIMIHIKO)~H27.7.22更新
台風11号が西日本を横断し大雨、久しぶりに高気圧に覆われ日中は厳しい暑さになった海の日の20日、甲津原地内を探りました。前日、釣友が尺近いイワナ3匹とアマゴ3匹を釣ったと連絡をもらった。まだかなり水量は多いけどクリア、午前5時過ぎの気温21℃、水温16℃。支流をエサ釣りで探って行く。雨降り後はいつもは出ないポイントでイワナが顔を出してくれる。枝の生い茂った深見のポイントでグイグイ引き込む強いアタリ、しばらくやり取りし28cmの顎のしゃくれた綺麗な雄のイワナをGET!。その後もかなり釣り探って上流域へ。しばらくしてカップルが沢登りで現れてビックリ。「頼むで~まだ釣り探りたいから、時間差で沢登り開始して」と、お願いし探るが後ろから追われてるようで調子に乗れず、イマイチで早々に納竿しました。それからでも雨降り後で活性はかなり高く、アタリは頻繁、28cmイワナを頭に14匹釣れました。思いがけない訪問者にビックリしての釣行となりましたが良型イワナもGETでき満足しました。渓流も後半に入り今後は綺麗な婚姻色の入ったアマゴをGETできたらと思います。連休中に感電事故があったが、甲津原地内にもかなり獣害対策用電気柵がはりめぐらせてあるので注意してください。


当日の釣果





~釣行記(KIMIHIKO)~H27.7.13更新
久しぶりに高気圧に覆われ日中は厳しい暑さになった11日、甲津原地内へ釣行しました。午前5時半の気温21℃、水温16℃、水量多めでクリア。落ち込み、瀬、淵などを丹念に探っていく、どのポイントもクモの巣だらけで探り辛い。渓流に浸かり釣り探る清涼感は格別、ゴム長履いての釣り歩きはかなりの運動量でダイエット効果にも一押しです!午前11時まで広域に探りイワナ16~23cmを14尾の釣果でした。雨降り後で魚の活性も高かったようでイワナの手応えを体感でき満足の釣行となりました。最近、曲谷、甲賀、吉槻地内でクマの目撃情報があり、気をつけてください。


当日の釣果





~釣行記(KIMIHIKO)~H27.6.16更新
梅雨前線や気圧の影響でどんよりした曇り空の14日、5時の気温19℃、水温16℃平水。久しぶりに甲津原地内などを朝イチ5時から11時まで探って、16~26cmのイワナを7匹GET!しました。久しぶりにイワナの独特の手応えを体感でき満足の釣行となりました。
綺麗な魚を釣りたい、皆が楽しむ釣り場、空き缶、ペットボトル、ゴミなどは捨てず持ち帰ってほしいものです


当日の釣果





~釣行記(KIMIHIKO)~H27.5.7更新
GWに入った1日、第二漁区に釣行しました。連日高気圧に覆われ汗ばむほどの陽気、ツツジも満開で奥伊吹の山肌も新緑。午前5時の気温12℃、水温13℃、水量も平水になってきました。深場のポイントを丹念に探り5:30にイワナ25cm、6:20には重いアタリが出て32cmのイワナがHIT、強烈なもぐりこみを交わし慎重にやり取りしてテイクイン!昨年はものすごいマイマイガの毛虫だらけだったのに今年は見かけない。その代りかキイロスズメバチが早くも活発に活動しているので要注意です。釣果は2匹でしたが久しぶりに良型の手応えを体感でき十分満足した釣行でした。
2日は第二漁区にアマゴ、イワナの追加放流があります。


魚体の綺麗なイワナ 32cm





~釣行記(KIMIHIKO)~H27.4.12更新
蓮花も咲き初め河辺をカワセミが小魚を捕食、山ではマンサクや山桜が綺麗、12日待望の第二漁区の解禁に行きました。このところの雨と雪解け水でかなり水量も多い中、苦戦して探って近隣が輝き朱点の綺麗なアマゴ32cm頭にイワナを含み4匹の釣果でした。釣果はいまひとつでしたが前日の尺上アマゴに続き、幸運にもまた大物をGETでき良かったです。今後水量落ち着けば釣果も出ると思います。

銀鱗眩しく朱点の綺麗なアマゴ





~釣行記(KIMIHIKO)~H27.4.11更新
朝方まで雨が降った11日、田植え前の作業があるので朝一だけの電撃釣行しました。午前5時、小泉堰堤へ、気温9℃、水温8度、水量多めだが前回よりかなり落ち着いて良い感じに。しばらく探ってパーマークとオレンジ色の尾びれが綺麗なアマゴ20cmをGET!その後も丹念に広域に探り、午前5時35分にゴンと重いアタリが出てHIT!銀鱗がギラリとくねる。慎重に寄せて無事GET!精悍な顔つきでスリムな魚体の綺麗な32cmのアマゴをGETしました。漁協の髙木さんが巡視に来られて「こんな綺麗なアマゴいるんやね」と驚いていた。その後、上流域で探って数匹、良型のバラシがありました。午前8時15分にロッドオフ。連日攻めたてられたポイントで大物をGETでき、朝霧の中鹿や鳥の鳴き声を聞きながら満足な釣行となりました。

精悍な顔つきの綺麗な32cmのアマゴ





~釣行記(KIMIHIKO)~H27.4.7更新
前日は雨、前線が停滞し天気が不安定だが気温は暖かく、フキノトウもたくさん顔を出して桜も満開に近くなった4日、第一漁区へ釣行、午前11時に
小泉へ到着、昨日の雨で増水して濁りも微妙にきつい、気温15℃、水温
10℃。堰堤プールをカワウ5羽が魚を捕食している。魚は間違いなくいるが水量多く濁りきつく広域に探るがまったく反応なし。その後、上流域の各ポイントを探るけど反応なしのため、支流を探ることに、水量多いがクリア。13時まで丹念に各ポイントを探って綺麗な天然イワナ23cmと21cmをGETしました。かなりの出水で苦労して綺麗なイワナを手中にでき、満足の釣行でした。支流はまだ残雪もあり、12日解禁の第二漁区管内もかなり雪あり雪代入り。この不安定な天気が続けばかなり苦戦しそうです。


当日の釣果






~釣行記(KIMIHIKO)~H27.3.30更新
昼から雨降りとなった29日、第一漁区を探って勝さんは天然アマゴ28cm、イワナ25cm頭に14匹の釣果。風吉さんはアマゴ5匹の釣果。板並地区は居残りアマゴも多数いるので、じっくり探ると釣果も向上しそうです。

当日の釣果





~釣行記(KIMIHIKO)~H27.3.27更新
姉川上流、第一漁区に解禁から5日たった26日に初出陣しました。
解禁前の大雨と、このところのポカポカ陽気でかなりの雪代が入り増水。
晴天、午前5時の気温-1℃、水温5℃でロッドのガイドも冷え込みで凍り付くほど。小泉、板並、吉槻、甲賀と各ポイントを探るが増水してるので流れきつく攻め辛い。曲谷地内の大淵を探り6時半過ぎに31cm!、8:20に思いがけない大物37cm!がHITして無事GETしました!!
10時過ぎから雪代で少し濁り11時にロッドオフ。久しぶりのアマゴの手応えを体感でき大満足の釣行となりました。
場所によっては残雪もあり水量多いので注意して入川してほしいです。27日に追加放流もあるので、水位が落ち着けばかなり期待できると思います。3月に入り熊の目撃情報も数件あるので注意してください。


当日の釣果





~釣行記(KIMIHIKO)~H27.3.23更新
晴天でポカポカの陽気の22日に探った釣友の勝さん、曲谷地内を探り天然アマゴ29cmを頭に13匹の釣果です。数日前の雨でかなり増水して厳しい釣行だったようです。


当日の釣果



            これより下は平成26年度分



~釣行記(KIMIHIKO)~
彼岸花も満開で涼しくなり渓流終盤、連休攻め立てられた最終日15日、午前中に第1漁区を探った釣友がイワナ29㎝頭に20㎝まで4匹、20㎝前後アマゴ6匹の釣果、オール天然です!!
H26.9.16更新






~釣行記(KIMIHIKO)~
連日、大気の状況が不安定、盆休みの豪雨でかなり増水し少し水況も落ち着いてきて久しぶりに晴天となった20日、姉川上流の第1漁区に釣行しました。午前5時半、小泉堰堤に到着、水量多めで堰堤プールは濁り気味、気温22℃水温19℃、早速ルアーで広範囲に探る。3ポンドのラインに5グラムのチャート系ミノーでトゥイッチを細かく入れ探る。午前6時にグッと重いアタリが出てヒット!銀ピカの尺オーバーのアマゴ、慎重に巻きよせるが2回ジャンプされて痛恨のバラシ、ライン切られてミノー持っていかれました。その後20㎝アマゴをGET。甲賀地内をブッシュが生い茂る中、苦労して丹念に探ってアマゴ25㎝、イワナを追加して14時半のロッドオフ。全て天然ばかりアマゴ5匹、イワナ2匹で7匹の釣果でした。大物は残念ながらバラしましたが久しぶりに渓魚のファイトが味わえ満足の釣行となりました。各ポイントでチェイス、アタリもあり活性も高く、しばらく狙い目に思います。
H26.8.22更新





★アユ友釣り解禁前情報~

7/13(日)午前0時より解禁します。
解禁当日0時~8時までは大久保に仮設テントを張り入川券とおとりを販売します。
現在の川の状況は、水量も良く、いい状態です。先日試し釣りをした結果は18㎝程に成長しているのを確認しました。
釣り場のポイントは、上板並~漁協までの区間が良いと思われる。
この台風が心配だが、解禁日は晴れそうなので、良い釣行になるよう期待して、皆様のお越しをおまちしています。
H26.7.8更新





~釣行記(KIMIHIKO)~

26日久しぶりに曲谷~甲津原地内を探り、オール天然でイワナ18~25㎝
3匹、アマゴ25㎝2匹をGETしました。
H26.6.30更新





~釣行記(KIMIHIKO)~
高気圧に覆われ晴天で夏日となった24日、第二漁区、甲津原地内を探りました。午前5時の気温10℃、水温12℃、平水でクリア。洗面橋の堰堤、瀬、トロ場、落ち込みを丹念に探ってアマゴ18~30cmを16匹GETしました。
釣行中、ブヨ、クモの巣、マムシに出くわして初夏の渓流釣りを味わいました。これから夏本番、清涼求め森林浴しながらの渓流釣りも格別です。第一漁区のアユの解禁は7/13です。.

H26.5.26更新

 
良型アマゴが出た洗面橋堰堤          当日の釣果




~釣行記(KIMIHIKO)~
ツツジも満開、GW最終日の6日、15時半から甲津原地内を探りました。気温18℃、水温11℃、平水でクリア。前日の雨で少し水位が増えた感じ。甲津原地内を18時半まで丹念に探って雄の綺麗なアマゴ27㎝頭に5匹、イワナ1匹の釣果でした。
田植え時期で田んぼに水を取り入れ川の水位は減水気味、GW最終日、釣り人に攻めたてられて渓流魚もかなりスレた感じであったが、良型がGETでき満足な釣行となりました。かなりまとまった雨が降って渓流魚の活性が高まってほしいところです。
H26.5.7更新







~釣行記(KIMIHIKO)~
GWの初日4/26(土)、
高気圧に覆われ晴天で行楽日和、16時の水温13℃、気温19℃、平水でクリア。当日、姉川上流漁協も甲津原全域に追加放流しました。僕は朝から田植え前の作業など用事を済ませ、15時半くらいから甲津原、民宿村付近を丹念に探りました。天然混じりでイワナ11匹、アマゴ3匹、ニジマス1匹GETしました。
18:20にGETした天然イワナは缶コーヒーほど太っていました。偶然同じ時間帯に釣行した釣友の風吉さんは良型アマゴ5匹、ニジマス7匹、イワナ1匹の釣果。もう一人の釣友のヒロさんは天然混じりでアマゴ26㎝頭にイワナ、ニジマスを20匹の釣果でした。第二漁区、解禁、追加放流とイワナをかなり放流していてイワナの独特の引き込みを味わえた釣行でした。
H26.4/2更新
  
当日の釣果          タマヅメにGETした天然イワナ
                 缶コーヒーほど丸々太っていました






~釣行記(KIMIHIKO)~
4/19(土)、
大陸からの高気圧が張り出し、おおむね晴天だが強風の一日。この辺りはやっと桜が散り始めてきた。第二漁区へ釣行。AM5時の気温6℃、水温9℃、平水でクリア。広域に探ってアマゴ、ニジマス25cm頭に13匹の釣果でした。解禁して1週間、居残りは確認できるがかなりスレている感じで、まとまった雨が降ればかなり活性も向上すると思います。第二漁区、甲津原全域は熊出没するので注意してください!
H25.4.21更新

当日の釣果





~釣行記(KIMIHIKO)~
4/12(土)、
タマヅメを狙って第一漁区上流域支流を探りました。~16時の気温16度、水温8度、平水でクリア。16:50、10gスプーンでイワナ32㎝がHIT、強い潜り込みを交わし無事GET!その後良型イワナとアマゴを追加して17:30ロッドオフ。3匹の釣果でした。他にも数匹の良型のバラしもあり、春の陽気に魚たちもかなり活性が高まっている感じがしました。釣行中、日本ザルの集団に遭遇、可愛い子ザルを抱いたお母さん、自然の逞しさを感じた渓でした。
H26.4.14更新


当日の釣果





~釣行記(KIMIHIKO)~
4/6(日)、
みぞれまじりの極寒の天気の中、釣友の加藤氏が午前中探って、アマゴ28㎝頭に8匹の釣果!

4/5(土)、
冬型の気圧配置で奥伊吹の姉川はうっすら雪化粧。午前6時の気温3℃、水温10℃で平水。小泉堰堤から曲谷集落まで丹念に探り29㎝のアマゴ頭に27匹の釣果でした。支流を探って24㎝の綺麗なアマゴがガツンとアタックして来ました。綺麗なアマゴ、引き込みも強烈で手応えありました。午後からは吉槻地区内をタマズメまで探って29㎝アマゴ頭に27匹GET!!深みのポイントはかなり居残りアマゴも潜んでいます。丹念に探れば良型も狙えると思いました。
H26.4.7更新

  
 綺麗な天然アマゴGET     タマズメに好反応だった      当日の釣果
                 吉槻地区のポイン





~釣行記(KIMIHIKO)~
29日、午後から第一漁区、板並地区を2時間ほど探り、アマゴ天然まじりで
20~27㎝を4匹の釣果。本巣市の井上氏が午後から探ってアマゴ14匹の釣果。尺級のアマゴのバラシもあったとの事。暖かくなり雪代も入り水量もいい感じで、魚の活性もかなり上がってきたようです。
H26.3.31更新






~釣行記(KIMIHIKO)~
22日も釣行、前日に雪降って白銀の渓。第一漁区の上流域で綺麗なアマゴ
35㎝他に7匹GET!!
三連休、寒気で冷え込み喰い渋りましたが、気温上昇すればかなり期待できるとおもいます。

                               

35㎝のアマゴGET!!


~釣行記(KIMIHIKO)~

平成26年3月21日(金祝) 姉川上流漁協 渓流釣り解禁!!
今年も釣行記を載せていきますので、よろしくお願いします。

冬型の気圧配置となり吹雪の寒い姉川上流の解禁となりました。気温3度、水温6度、雪代入り水量多め吹雪で極寒の中、午前5時から8時半まで小泉堰堤を探ってアマゴ32㎝他2匹。その後、板並、吉槻地区の淵やトロ場を探って16~30㎝のアマゴを16匹追加し、11時にロッドオフ。19匹の釣果、良型の手応え、朱点の綺麗なアマゴに久しぶりに出会え満足な釣行となりました。
今後、天気回復し気温上昇すれば、活性も上がり期待できると思います。
第二漁区は4/13に解禁。
H26.3.24更新


 
小泉堰堤で6:10にヒットしたアマゴ32㎝!!


朱点が綺麗なアマゴ  


良型のアマゴが出た淵


           これより下は平成25年度分


~釣行記(KIMIHIKO)~
連日、高気圧に覆われ秋晴れが続く28日、今シーズン最終の釣行に久しぶりに行きました。午前5時50分姉川上流小泉堰提に到着、気温15°水温14°、平水でクリアー。すすきも茂り肌寒く秋の気配。9月の台風、豪雨の影響で河川もかなり荒れたようだ。6時すぎに雄アマゴ29cmをGETしました。久しぶりの良型の綺麗な魚体に見惚れる。その後、上流に移動、ラストチャンスを狙ってか、第一漁区はたくさんの釣り人が竿を出して探っている。第ニ漁区、甲津原上流を探ってイワナ26cm頭に5匹釣って午後10時前に納竿。6匹の釣果でした、ラストチャンスにアマゴ、イワナの引き手応えを味わえて満足の釣行でした。しばらく渓流釣りもお預けです。
H25.9.30更新
 




~釣行記(KIMIHIKO)~
25日、久しぶりに姉川上流の甲津原地内を餌釣りで釣行。寝坊と用事で甲津原民宿村付近に10時頃に到着。気温23度、水温15度、平水でクリア。大気が不安定でどんよりした曇空で時たま太陽が照りつけるが、深緑で風通しもあり爽やかだ。竿6.5mミチイト通しの0.5号、4Bのオモリにミミズの餌で探っていく。瀬でアマゴ26cm、流れのあるトロ場でアマゴ29cm、大堰提で20cmのイワナを釣って12時半の納竿。先週の雨降りで渓魚も活性が上がって、良型アマゴをGETすることができました。クモの巣、ブヨに悩まされた釣行でしたが、瀬で数匹、良型をバラし雨降り後を狙えば有望に思いました。姉川上流で、今年は数件の熊出没情報があり、釣行の際は注意してください。
H25.6.26更新




~釣行記(KIMIHIKO)~
前線の影響で前日から久しぶりの雨、少しは渓魚の活性を上げる恵の雨となった11日、姉川上流第ニ漁区の甲津原下流域をルアーで探って、アマゴ17~28cmを5匹GET!しました。28cmのアマゴは小さな蛇と大きな幼虫を食べていてビックリしました。午前8時過ぎにロッドオフ。少し水量も増え、魚の活性も高くなり餌釣りだともっと有望だったと思います!
H25.5.13更新




~釣行記(KIMIHIKO)~
ゴールデンウィーク後半の4日、姉川上流に釣行、前日に釣友の風吉さんが甲津原地区を探り26cmアマゴ頭に13匹GETしたとの連絡をもらった。2日に漁協さんが成魚放流し3日は釣り人もかなり来ていたそうで、アマゴはスレまくってると思い、支流のイワナ狙いで探る。午前5時の気温4度、水温8度、平水でクリア。中津又谷を餌釣りで探って行く、木々が多く険しい渓相、かなり身体も鍛えられる釣行だ。連休でもあり釣り人が探り歩いた形跡がある。丹念に落ち込みなどを探り18~27cmの天然イワナをGETして行く。その後、甲津原下流をルアーで探ってアマゴ25cm他に3匹GETしました。昼過ぎから風吉さんと第1漁区の曲谷、吉槻地区をルアーで探って、風吉さんはアマゴ6匹、僕は3匹GETしました。アマゴ、イワナを19匹の釣果。久しぶりに一日フルに釣りができ、綺麗なイワナにも出会い満足な釣行でした。晴天続きと釣り人に責め立てられてるが魚はいるので、まとまった雨降り後はかなり狙い目に思います。
H25.5.7更新
                                        



~釣行記(KIMIHIKO)~
大気が不安定で時雨たり晴れ間が出たり強風が吹いた26日、姉川上流の第二漁区に釣行しました。前日に釣友の風吉さんがイワナの33cmをルアーでGET、ほかにアマゴ3匹の釣果との連絡をもらった。午前5時過ぎ、コテージからスキー場まで探って行く。気温9度水温11度、一昨日の大雨で水量やや多めでクリア。天然イワナ16~28cmを14匹GETしました。今シーズンは昨年の豪雨の影響なのか広域でイワナが釣れています。その後、甲津原下流域をルアーで探りアマゴの31cmと29cmをGETしました。5月になれば渓谷も草木も生い茂り釣行も苦労するが良型の魚信も期待できると思います。今回の釣行、雨降り増水した後もありかなり活性が高かった。晴天に恵まれた28日、釣友の井上さんは甲津原地域を広域に餌釣りで探って、天然尺アマゴ頭に20匹の釣果ありました。                                          H25.4.30更新




★4/27曲谷ダムより上流に放流します。
  アマゴ・イワナ 計50kg
 5/3にも追加放流の予定です。
 GWは、是非釣りに来てください。
H25.4.26更新



~釣行記(KIMIHIKO)~
前日までの陽気とは違い寒気の影響で全国的に冷え込んだ20日、姉川上流 第2漁区に釣行しました。午前5時に温見公園付近で釣友の井上さんと待ち合わせ、気温4度、水温7度、水量平水でクリア。私はルアーで探る。井上さんは餌釣りで攻める。私はロッドオフの9時過ぎまでに18~29cmのアマゴを9匹釣りました。井上さんは上流のコテージ付近まで探り、イワナ18~29cmを12匹、洗面橋の堰提を夕方に探り29cmのアマゴをGETしました。今回、各ポイントで良形のアマゴもバラしましたが、確認でき今後が楽しみです!
H25.4.22更新
                            



~釣行記(KIMIHIKO)~
高気圧に覆われ暖かい日となった14日、姉川上流の第2漁区の解禁に出遅れながら昼から釣行しました。気温16度、水温9度、残雪があり雪解け水が入り、やや多めでクリア。午後12時半に甲津原上流のスキー場下流に到着。途中まで解禁でもありたくさんの釣り人。昨年9月に良い思いをした落ち込み、堰提などを探ることに。今日は久しぶりに餌釣りで探る。ラッキーな事に釣り人が入った形跡はなしだ。各ポイントを探りながらアタリはあるがバラしばかり、しばらくして堰提の落ち込みの白泡の中でアタリが出てヒット。グイグイと強烈に穂先が引き締まる。潜り込みを幾度と交わし、慎重にネットに入れたのは精悍な顔つきの天然尺イワナ。パワフルな引きで最高のやり取りができた。その後も堰提で20cmのイワナを追加して、他ポイントで22cmと24cmのイワナを追加した。用事があり午後2時半に納竿した。短時間の釣行で尺イワナ頭に4匹の釣果を得ることができた。当日、釣友も下流域で尺アマゴ、良形アマゴをGETしていた。これから新緑とともに、魚の活性も上がり楽しめそうです。
H25.4.18更新
               
                                                      


★曲谷ダムから上流 解禁しました!
前日雪が降ったので、気温差が激しく、水温にも変化があったとみえて、良いポイントに入った人は20尾以上釣れていた。それ以外の人は苦戦していたようです。気温が安定してくれば、釣れるようになると思います。魚はたくさん残っています。
ゴールデンウィーク前と期間中と、あと2回放流致しますので、皆さん釣りに来てください。

H25.4.15 更新



~釣行記(KIMIHIKO)~
高気圧に覆われ晴天で暖かい日和となった3/30の夕方、夕まずめを狙い姉川
上流の吉槻地区に釣行しました。気温9度、水温8度、雪代が入り水量はやや多めでクリア。17:20に吉槻橋下流の淵をルアーで攻める。3gのシルバースプーンで広範囲に探っていく、しばらく探り淵尻のポイントでアタリが出てヒットし、20cmのアマゴをGET! その後も18cmを2匹追加した。18:20には暗くなり、限界でロッドオフ。夕まずめ狙いアマゴ18~20cm 3尾の釣果でした。このところの陽気で雪解け水が入り水量もいい、アマゴの活性も高まり今後が狙い目です
H25.4.10更新
       


 

                   


                                 このページのTOPに戻る

 滋賀県河川漁業協同組合連合会