滋賀県河川漁連より
 



昨年の様子!(平成27年4月25日(土) カワウ全国一斉対策日)

 カワウによるアユやオイカワ等への食害を防止するため、全国の内水面漁業者が連携してカワウの全国一斉対策を実施しました。(この日を挟んで1か月間が実施日)
 滋賀県河川漁連傘下の漁業協同組合では、一斉対策以外にも年間を通してカワウによる被害状況調査を実施します。(主に河川への飛来調査)

 4月25日(土)全国一斉行動日の当日は夏のような暑さの中、例年通り廣瀬漁協では防鳥糸張りが実施されました。
 漁協役員、安曇川廣瀬釣りクラブの鮎塾メンバーも手伝っての糸張りです。廣瀬の漁場全面に10~15ⅿ間隔で糸を張ります。川の中を糸を持って何度も往復して両岸に立てた杭にくくりつけます。
 25・26日の2日間でなんとか9割張れたようです。今後は糸が切れてないか、カワウの飛来状況はどうかなど毎日チェックしながら放流日に備えます。


カワウ被害の現状

安曇川 広瀬にて 2015.4/7          2015.4/7           2015.4/22   
 



2015年4月25日~26日カワウ全国一斉対策日(安曇川 廣瀬漁協にて防鳥糸張り)

   

   

   

滋賀県河川漁業協同組合連合会