TOP


アユ放流体験学習会  2019年 
 7月 3日(水)
参加:東近江市立愛東南小学校
    5年生の皆さん

参加:東近江市立山上小学校
    3年生の皆さん
 
協力:愛知川漁業協同組合
天気予報では雨と言われて心配していた7月3日、子ども達のパワーが勝ったのかな!学習会を開催する事ができました。今回は愛知川漁業協同組合のご協力で、東近江市立愛東南小学校と山上小学校の皆さんとアユの放流体験学習会を行いました。
 この愛知川にはダムがあります。その下流域ですので水質には敏感で、川の水の透明度を測る道具での見方を教わりました。また水産試験場職員から、魚、川や環境の話です。「滋賀県内の川や琵琶湖の魚の種類が変化する事や、滋賀県琵琶湖にしかいない魚もいるので環境を守っていきましょうね」と。皆さんが放流したアユがこの愛知川で大きくなる事を期待しています。
 
     
 ↑愛東南小学校の皆さん  ↑佐野会長の挨拶  ↑水産試験場職員の魚の話
 ↑川の水の透明度はどうかな? ↑魚をバケツに入れてもらうよ  ↑大きくなれよ!
 ↑そっと放流できたね  ↑アユを触ってみよう〜  ↑アユの顔はどんなんかな?
     
     
 ↑山上小学校の皆さん  ↑佐野会長の挨拶  ↑水産試験場職員の魚の話
     
 ↑川の水の透明度はこれで測るんだよ   ↑元気に泳いでいくよ   ↑大きくなってね〜
   
  ↑やさしく放流します〜   ↑アユは臭くないね〜   ↑アユはぬるぬるしてるね〜
    滋賀県河川漁業協同組合連合会 



 アユ放流体験学習会  2019年 
5月22日(火)
参加:甲賀市立土山小学校
    5年生の皆さん
 
協力:土山漁業協同組合
 
良く晴れた5月22日、土山漁業協同組合のご協力で、甲賀市立土山小学校の皆さんとアユの放流体験学習会を行いました。
土山小学校では地域勉強の一環で、毎年地元の野洲川上流域の川の勉強をしているらしく、子ども達ものびのびと活動していました。子供たちの中には「この川で魚を釣った事あるよ!」という子もいて自然にこの環境になじんでいて嬉しくなりました。
水産試験場の職員の話を聞いて、放流の時は触らずに優しく川へ流しながら「大きくなれよ」と声かけをし。バケツの中の魚に実際触ってみたら「ヌルヌルしてつかめへん!」、「これがバリアになって守ってるんやな」と、実感してもらえて様です。
今度来たときは大きくなったアユがみられるかもしれませんね。
 
      ↑「きゃ〜!ぬるぬる〜」
 ↑佐野会長のあいさつ ↑水産試験場職員のお話  ↑ピチピチのアユをいれていきます。
 ↑やさしく流します!  ↑大きくなってね〜  つかめへん!!
    滋賀県河川漁業協同組合連合会