TOP


 アユ放流体験学習会  2018年 
6月19日(火)
参加:甲賀市立綾野小学校
    5年生の皆さん
 
協力:野洲川漁業協同組合
 
久しぶりに晴れた6月19日、野洲川漁業協同組合のご協力で、甲賀市立綾野小学校の皆さんとアユの放流体験学習会を行いました。
 今年の稚アユは大きめでピチピチと元気が良く、バケツの中から飛び出すほどです!今回は事前学習として試験場職員が学校に伺って魚や川の話をしているので皆さんは魚の扱い方がわかっているようで、 「大きくなってね」と祈りながら優しく川へ放流しました。
放流の後は、漁協さんのご厚意でアユの塩焼きを頂きました。焼きたてのアユはホクホクと柔らかくとてもおいしかった様で「もっと食べた〜い」との声が上がっていました。
では、川で大きくなるアユを、今度は自分で釣って食べてみてはいかがでしょうか。もっとおいしく感じますよ!
 
      ↑焼きたてのアユの塩焼き「おいし〜!」
 ↑神田会長のあいさつ ↑水産試験場職員のお話  ↑ピチピチのアユをいれていきます。
 ↑やさしく流します!  ↑大きくなってね〜  ↑魚を触ってみよう〜どんな感じかな?
    滋賀県河川漁業協同組合連合会 



 アユ放流体験学習会  2018年 
6月 6日(水)
参加:米原市立伊吹小学校
    5年生の皆さん
 
協力:姉川上流漁業協同組合
 
すっきりしないお天気の6月6日、それを吹き飛ばすかのように子供たちの楽しそうな声が聞こえます。今回は姉川上流漁業協同組合のご協力で、米原市立伊吹小学校の皆さんとアユの放流体験学習会を行いました。
 まずは、魚、川や環境の話です。「滋賀県内の川や琵琶湖には何種類の魚がいるとおもいますか?」の質問に…資料を見ながら数える子ども達。「約79種類です。滋賀県琵琶湖にしかいない魚もいるので環境を守っていきましょうね」と県の職員。放流が終わっても川の中に入り石をひっくり返し虫やカエルを見てみたり、好奇心旺盛の子ども達でした。今度は良いお天気の日に来てみてくださいね。
 
      ↑アユとにらめっこ?!
 ↑神田会長の挨拶 ↑県職員の魚の話  ↑いっぱい魚を入れてもらったよ!
 ↑大きくなってねと放流です  ↑アユを触ってみよう〜  ↑川の中に何がいるかな?
    滋賀県河川漁業協同組合連合会 



 アユ放流体験学習会  2018年 
5月 7日(月)
参加:大津市立葛川小学校
     全校児童の皆さん
 
協力:葛川漁業協同組合
 
 ゴールデンウィーク明けの5月7日、葛川漁業協同組合のご協力で、大津市立葛川小学校の皆さんとアユの放流体験学習会を行いました。
 この日はあいにくの雨模様で、漁協事務所で座学をやっている間に雨がひどくなってきました。なんとか放流はできたのですが、もっと川で遊んでほしかったなと残念でした。
その後、学校へ帰った子供たちは葛川の地域の人による「葛川のくらしと歴史」のお話を聞くとの事で、私たちもお邪魔してお勉強させていただきました。
昔はこの地区からも木を切って、安曇川をいかだで下り琵琶湖へ出て海まで運んでいた、とか。昔から川と密接に、上手く利用していたんだな〜と。改めてこれからも川を守っていかなけらばと強く思った日でした。
 
      ↑雨がひどくなってしまいました。
 ↑神田会長のあいさつ  ↑県水産試験場職員のお話  ↑雨の中放流したよ!
              
 ↑雨でも魚は元気に泳いでいきます〜
 ↑葛川のくらしと歴史のお話  
    滋賀県河川漁業協同組合連合会 



 アユ放流・エネルギー
         体験学習会
 
2018年 
6月 8日(金)
参加:高島市立朽木東小学校
    1・2年生の皆さん 
協力:朽木漁業協同組合
 
6月8日、朽木漁業協同組合の協力のもと、高島市立朽木東小学校の皆さんとアユ放流・エネルギー体験学習会を行いました。
 アユの放流は1・2年生がやりました。川へ到着した子供たちはみんなで放流した後、各班に分かれて川遊び! 魚のつかみ取りや河原の石に絵をかいたり、自分で作った船を浮かべたりと自然の風を感じながら楽しい体験ができましたね。
一方、5・6年生は学校で電気についての説明を受け、荒川発電所の見学にいきました。安曇川の水を利用した水力発電所の中の発電機の大きさや音にビックリしながらも、本当にこれで電気を作っているんだと実感できたのではないでしょうか。
   
      ↑川あそび楽しかったよ〜
 ↑神田会長のあいさつ  ↑そっと放流してね ↑大きくなれよ〜!
 ↑アユのつかみ獲り あっちに行ったよ!  ↑荒川発電所にて  ↑発電機の説明を聞きます
    滋賀県河川漁業協同組合連合会